企画活動


【主な活動について】

現在、コメディ協会は月に1回ワークショップを実施し、
コメディの歴史について研究や、
役者さんに向けての実践的なメニューなどを行っています。

また、1年に一度企画公演を行っており、
2014年9月には初の公演である「お披露目~浮気編~」、
2015年11月にはお披露目公演第2弾として「お披露目~死体編~」を上演しました。


【これまでの活動内容】

2014年度の活動内容についてはこちらから。
2013年度の活動内容についてはこちらから。

-----------------------
「2016年3月定期ワークショップ」講師:吉岡克眞(劇団皇帝ケチャップ)

「「長尺エチュード」 ~キャラクター・シチュエーションからコメディを考える~」

「制限時間なし、設定なし、条件はコメディ!」という内容で、
参加者に即興で長時間の劇を作るメニューを実施。

 <ワークショップの様子>



-----------------------
「2016年2月定期ワークショップ」講師:伊藤摩美(順風男女)

「女子が生み出す笑い」

女子限定の女子による女子のためのワークショップメニューを実施。

 <ワークショップの様子>



-----------------------
「2016年1月定期ワークショップ」講師:一宮周平(パンチェッタ)

「コメディの世界で生きる」

俳優として舞台上で生きるために、立ち居振舞いを見直し、自らを客観視するトレーニングを行った。
またト書きのない台本を使用し、自由な発想で読み解き作品を制作するメニューを実施。

 <ワークショップの様子>



-----------------------
「秋の集中短期ワークショップ」

「お披露目~死体編~」の演出家が各コマの講師を担当し、
本物の台本を使いながら、実際に作品を体験できるワークショップを行った。

 <ワークショップの様子>



-----------------------
日本コメディ協会「お披露目~死体編~」

2015年9月5日(土)~7日(月)7ステージ
@下北沢 小劇場B1

日本コメディ協会のお披露目公演第2弾。

昨年の「浮気」に引き続き、
「死体」をテーマにした4作品のオムニバス公演。

総合演出:祝しょーご(劇団SHOW&GO FESTIVAL)

【上演作品】
<vol.1「先生と私」>
【作】佐藤竜(劇団さしすせそ)
【演出】遠藤隆之介(ファルスシアター)

<vol.2「黒岩家のしあわせ家族計画」>
【作】十佐間つくお
【演出】今石千秋(ZIPANGU Stage)

<vol.3「キャンピング・デッド」>
【作】佐藤史久(マグズサムズ)
【演出】一宮周平(パンチェッタ)

<vol.4「リバースするのに遠慮はいらない。」>
【作】竹田哲士(電動夏子安置システム)
【演出】浅海タクヤ(パセリス)

詳しい公演情報はこちらから。
<公演の様子>



-----------------------
「2015年8月定期ワークショップ」講師:小濱晋


 <ワークショップの様子>



-----------------------
「2015年8月:日本コメディ協会主催【サマースクール】」

祝しょーご/佐藤竜/今石千秋/遠藤隆之介の4人を講師に迎え、
「コメディに必要なもの」をそれぞれのアプローチから、体験できるメニューを実施。

 <ワークショップの様子>



-----------------------
「2015年7月定期ワークショップ」講師:吉岡克眞(劇団皇帝ケチャップ)

【日常を喜劇に変える要素について】

どう調理をすれば日常生活にありそうなシーンが
「喜劇」と呼ばれるようなテイストを持つようになるかを思考と実践から検証。


-----------------------
「2015年5月定期ワークショップ」講師:景浦大輔

【"物語"の構成と、その構成から考えるアプローチ】

 <ワークショップの様子>



-----------------------
「2015年4月定期ワークショップ」講師:伊藤摩美(順風女子)


 <ワークショップの様子>



-----------------------
「2015年4月定期ワークショップ」講師:小久保英明

「体を使い、心とエネルギーを引き出す、
メソッド・ムーブメント体験WS」


 <ワークショップの様子>




-----------------------

そのほか、
2014年度の活動内容はこちら
2013年度の活動内容はこちらから。




今後、様々な活動を企画しております。
随時お知らせなども載せていく予定ですので、お楽しみに。