これまでの活動内容

2017年の活動のページへ

2016年の活動のページへ

2015年の活動のページへ

2014年12月ワークショップ
講師:一宮周平(パンチェッタ)

テーマ:舞台上で生きるために
ドローインしながらの体幹トレーニング、ワンエイトのウォーキングなど身体に向き合った後、他人から受ける印象を自分に還元し、演技に活用するメニューを行った。

2014年12月ワークショップ
講師:遠藤隆之介(ファルスシアター)

テーマ:ファルスにまつわるエトセトラ~歴史から実践まで~
欧米のファルス・シチュエーションコメディの歴史を追いながら、「勘違いの笑い」が発達した経緯を学んだり、実践として、チーム毎にテーマを無作為に振り分け、創作した短編ファルスを発表するメニューなどを行った。

2014年11月ワークショップ
講師:今石千秋(ZIPANGU Stage)

テーマ:コメディ演劇における、読み合せの方法について
『読み合せ』において、役者さんが台本から何を「読み取る」べきなのか。『読み取る』能力の向上や方法に焦点をあてたワークショップを実施。

2014年10月ワークショップ
講師:祝しょーご(劇団SHOW&GO FESTIVAL)

テーマ:お披露目公演を演じる
表現者の身体づくりメニューを実践したあと、コメディ協会「お披露目公演」上演台本を用いての立ち稽古を実施した。

2013年の活動のページへ