インタビュー企画  

【対談】劇団皇帝ケチャップ吉岡さんとパセリス浅海さんで語る”二足のわらじ”

日本コメディ協会に所属する、「劇団皇帝ケチャップ」主宰である吉岡克眞さんと、「パセリス」の劇団員である浅海タクヤさんをお迎えして対談を行いました。テーマは「劇団員」と「会社員」の両立について。劇団業務を行いながら、平日は会社員として働くお二人に、今の気持ちをお聞きしました。(2018年5月取材)


左:劇団皇帝ケチャップ 吉岡克眞さん、右:パセリス 浅海タクヤさん


<目次>


【第1回】「二足のわらじ」と言われて

【第2回】劇団と会社でできることの違い

【第3回】チケット代とコストの話

【第4回】これからのコメディ協会


<第4回>これからのコメディ協会

―――自分の劇団やコメディ協会について、今後の方向性だったり、こういう風になっていけたらいいなっていうことはありますか?


吉岡 うーん・・・劇団に関しては、劇団員を増やすって考え方は僕自身あまりないですね。あとは自分の集客力も上げたいし、あとは脚本の理論をちゃんと学びたいので、そのあたりに今年は時間を使いたいなって思ってます。インプットしたりアウトプットしながら、それが劇団につながっていけばいいなと思ってます。


浅海 それは作品に絶対つながると思います。


吉岡 協会に関しては、僕が理事になって今年で2年目ですけど、(2018年1月の)公演が問題なく終わってよかったなっていうのがあるんですが、ただ・・・(制作周りをやっていて)疲れました(笑)。



浅海 すごい率直な(笑)。


吉岡 浅海さんあれやってて疲れなかったんですか?(以前は浅海さんが制作周りを担当)


浅海 いやいやすごい疲れますよ。


吉岡 あれは、一人でやることじゃないですよね。かといって協会の中で考えても、リソースっていないじゃないですか。やれるような人や、合ってる人が今のところ見えてないなっていう。だから今後運営側をどうしていくかっていう、不安なところはありますよね。今のままだったらなかなか回るイメージがしなくて。理事とは別で何かしら運営側みたいなものを、固定でつくってていかなきゃいけないんじゃないのかなって。


浅海 それは僕も思いますね。さっきの本業・副業じゃないですけど、やっぱりみなさん劇団を持ってたりとか、事務所に入ってたりとかする中で、思ってることがまだバラバラな状態で、なんとなく目標が決まってて、そこにいろんな道でアプローチしているから、まとまりがないなって思ってます。



浅海 昔から思ってるのは、なんで劇団って囲い込もうとするんだろうと。すごい閉鎖的じゃないですか。自分の劇団のお客さんには他の劇団のお知らせはいかないようにとか、顧客データはうちのだけ、みたいな。僕はコメディ協会を、顧客情報から役者さんのリソースまである程度集約させた、プラットフォーム的なそういう場所にできないかなと思っていて、いろんな劇団のノウハウをもっとコメディ協会に集約させたいんですよね。だから協会員の出演情報とかも集約させて、コメディ協会から発信したい。ま、その役者さんの情報だけ見たいってお客さんは、例えばメルマガを取らないみたいなって方向でいいと思うし、みたいなことは考えていますね。ベストはそれで収益を得られるようにできればですけど。


吉岡 なるほど。そうですね。協会のコンテンツは硬いのも柔らかいのも含めて、増えていけばいいですよね。その公演だけだとやっぱり年に1回か2回くらいしかできないじゃないですか。それだけだと協会があるってことはわかるけれども、遠くなっていくというか、時間が経てば経つほど。そこがすごくもったいないなって思います。なんかHPにいけば、週に1回じゃなくても、隔週かぐらいには更新されていて、きたら新しいのがあがっていてみたいな、またそれをツイッターとかそういうので「ああいうの面白かったよ」みたいな風に発信できれば、届いてなかった人にも届くのかなと、そういうつくりがまだ足りてないのかなって、思いますね。


浅海 そこらへん作っていきたいですよね。


―――これからのTODOみたいなことも見えたあたりでおしまいにしたいと思います。


浅海 今後ともよろしくお願いします。


吉岡 よろしくお願いします。




(おわり)


前へ 1 2 3 4