インタビュー企画   

【インタビュー】「Confetti」(カンフェティ)編集長吉田祥二さんと語る「ロングランプランニング」と演劇事情について

演劇人なら知らない人はいないフリーペーパー「Confetti」。その編集長を務める吉田祥二さんと「Confetti」を発行する「ロングランプランニング株式会社」の変遷と、その周りの演劇事情について伺います。(2019年3月取材)


左:遠藤隆之介さん、右:吉田祥二さん


<目次>


【第1回】榑松さんとの出会いと会社が立ち上がるまでのお話。

【第2回】Confetti(カンフェティ)登場。

【第3回】演劇の移り変わりと紙媒体について。

【第4回】演劇人の応援と育成。


<第4回>演劇人の応援と育成。

遠藤 具体的な劇団名でなくてもいいので、次来そうな劇団ってどういうものだったりするんでしょうか?

吉田 いやー、でも、僕ですら日々いろんな情報に触れてますけど、劇団自体が減ってて単発の公演でとかユニットでの公演とかが多いんで難しいんですよね。だからこの団体がっていうか、このプロデューサーがこういうこと仕掛けてるとかってことはあるんじゃないかと。もちろん劇団でくるっていうのも一部であると思うんですけど、絶対数で見たら本当一部でしかない気がします。


遠藤 減ってるんですね、劇団は。

吉田 劇団は確実に減ってますね。プロデュース的な公演の方が多いですよね。そこは僕も残念なところもあるし、逆に若い人たちが劇団を旗揚げするのを応援したい気持ちはあるんですけど、それ自体も違うのかなとも思ったりもして。劇団を旗揚げしたいっていう人たちがいないというか、演劇をやりたいとしても劇団を旗揚げするまでにいかないというか。


遠藤 でも確かに昔に比べて旗揚げ公演ってもっとあった気がします。

吉田 演劇をやりたい人自体はいるんですけど、劇団を旗揚げすることじゃないんですよね。だから僕も応援の仕方をもう少し考えないといけないなって、新しい形で演劇をするってことが増えているので。



浅海 劇団員って人も減ってる気がします。

吉田 そうなんですよね。


浅海 個で動く、っていう時代性もあると思うんですけど。個でいろんな劇団さんに呼ばれるというか。あんまり劇団を会社に例えるとアレなんですが、会社で上のステージに行くっていうのはあんまり最近見ない気がします。

遠藤 徒弟制みたいなのが崩れて、フレンドリーな演出家が多くて、怖い人がいなくなっちゃったのもあるかなと。


吉田 なので育ちづらいことにもなってるのかもなって思いますけどね。

浅海 僕が学生演劇出身だからってのもあるんですけど、学生演劇って本当に基礎をやるじゃないですか。発声練習とか、身体づくりとか。そこからやってる人たちがそもそもいないというか、本番で場数は踏んでるけど、演出の求められてるものだけ回答すればできるから、小手先になりがちな人たちが多いなって思ったりします。


遠藤 ワークショップも学びの場というよりは、ちょっと人脈作ってオファーをもらうために行くみたいな要素も多いですよね。

浅海 そうですね。だからワークショップ自体の参加者も減ってるし、ワークショップオーディションっていう風にしないと人が来ない。


吉田 そこはちょっと課題ですね。役者さんもそうだし、スタッフや制作プロデュースとかも、会社とかがないから、個人でやってることが多い。誰かのアシスタントみたいなことはあるにはあるんですけど、でもやっぱり継続性がないというか公演ごとなんで、一回はその人についてちょっと学べたけど、ずっとそこにつけるわけでもないから、っていう。


遠藤 制作さんでよく勉強会とか会合をされてる方もいらっしゃいますよね。

吉田 あれはすごくいいですよね。うちも他の演劇関係者よりも芸術団体の方と繋がりが強いと思うので、僕がいつかやりたいなって思ってるのは、制作さんって仕事ある時とない時って波があるから、それをなるべく平準化しつつ、うちが間に入ることで安定した仕事が得られるようなことがしたいですね。制作がいない団体もすごく多いんで、そこをうまくつなげていけれたらなと思っています。


遠藤 なるべく空いてる期間も芸能に携わった方がいいですよね。

吉田 制作はたぶんそこはいけます。役者さんは力次第なところはあるんで、安定して食べるっていうのは、その人次第ですけど。制作をある程度身につけていれば、仕事はあるはずなんですよ。


遠藤 制作兼役者とかでもいいですしね。最初の方は。

吉田 そうなんです。



浅海 では、最後に記事をご覧の方に簡単なメッセージとかPRとかありましたらぜひ。

吉田 そうですね・・・まぁ立ち上げてからの話をして、今に至ってますけど、決してこの演劇業界自体が、うちが始まったことで盛り上がってるとはおこがましいので思ってないんですけど、ひたすらまぁ昔も今もこれからも、業界のためになることを考えるのは楽しいですし、世の中も演劇のあり方もお客さんも変わってきてるんで、そこに乗り遅れないように逆に先手打つくらいの気持ちで、次の時代になっても演劇ってすごくいいよねっていう言葉が成立するようにやっていきたいです。ただ、皆さんの団体ありきの僕たちなんで、団体の方達がより楽しく演劇ができるように、いろいろ考えていきたいです。


遠藤 いやーありがたいです。

吉田 でもまだまだなんで。


遠藤 我々団体側も精進しないとですね。こういうお話聞くと。

吉田 身が引き締まる思いです。


遠藤 今日は本当にありがとうございました。

吉田 ありがとうございました。



「Confetti」WEBサイトはこちら。



(おわり)


前へ 1 2 3 4