インタビュー企画   

【インタビュー】谷川博昭さん:ビジネス視点で見る俳優のお仕事と業界について

大手企業の営業職の最下位から一気に数億売り上げる営業マンへと成長し、今は俳優や配信者として活動されている谷川さん。なぜ俳優に転身しようと思ったのか。そして、営業マンとして活躍されていた谷口さんから、演劇業界・俳優業界がどのように見えているのか伺います。(2019年3月取材)


左:遠藤隆之介さん、右:谷川博昭さん


<目次>


【第1回】俳優とマネタイズ。

【第2回】俳優として配信をしてみて思うこと。

【第3回】コミュ障だった時代の話とフリーランスについて。

【第4回】俳優にこだわらない。


<第4回>俳優にこだわらない。

遠藤 谷川さんは「俳優は自分を表現して商品価値を出すためのツールで、言い方によっては俳優にこだわりはない」ってコラボ配信の時におっしゃってたじゃないですか。

谷川 ないですね。


遠藤 そのあたりのことを聞きたいんですけど。

谷川 えーっとそうですね。僕はそもそも俳優を選んだ理由が一つあって、結構声がいいって言っていただけることが多いんですよ。で、話し方ってところもあったんで、声を使って自分を表現するって方向になると、ひょっとしてお芝居っていうのが一番親和性が高いのかなと思っていて。


遠藤 アナウンサーは一切自分を表現しちゃいけないですからね。

谷川 それこそビジネスとしてやろうと思ってる人間なんで、儲からないとか今後の展望性がないって話であれば、別のことしたらいいなとは思っています。ただ、今まだやってみて時間が経ってるわけではないんですけど、少しお金をもらいながらやれてる部分もあるので、まだもう少し続けてみようかなと思ってる部分はあります。ただ、並行していくつか走らせていく必要はあるかなと思ってますね。


遠藤 俳優以外で光らせていくようなことって、なにか考えてたりするんですか?

谷川 いま個人コンサルが結構やってみたいと思っていて、さっき言った話し方ですね。結構自分の話し方とか、話に自信がない人って多いっていうのが最近実感としてあって、


遠藤 事業じゃなくて個人の人をコンサルする。

谷川 そうですね。そこからつながっていけばお客さんにもなっていただけるかもしれないし、別事業の横展開もできると思うんですよ。そこで例えばオンラインサロンみたいなものを作って、こんなことがしたいっていう人が集まるチャットコミュニティラインみたいな団体だったり組織を作りたいなと一つは思ってます。


遠藤 そっかー、すごいですね。

谷川 まできたらいいんですけどね。



遠藤 でも一個の構造で二個も三個も先を見てるのはすごいですよね。

谷川 やっぱシナジー効果っていうと意識高いですけど、関連性がないことってやってもしょうがないですからね。俳優だけやってじゃあ俳優以外ができないってなるとこいつの何年間はなんだったんだって話になるんで、そこから分岐する能力っていうんですか。表現でもいいですし、共感性でもいいですし、感受性でもいいですし、なんか分岐していかないとやっている意味ないと思うんですよね。それが何かにつながっていくから、今は芸能界とかで生きてる人ってのはそういうところが強いというか、枝葉が強いかなって思うんですよね。


遠藤 広がり的なことでいうと、反対にいるのが職人っていうことですよね。一個だけ極めて俳優道で生きるっていう。

谷川 職人もね、行き過ぎたらいいんですけどね、行き過ぎない人が多いですからね。


遠藤 俳優さんっぽい質問をすると、俳優としてやりたい役はありますか?

谷川 やりたい役でいうと、僕結構悪役の方がしたいんですよね。僕たぶん性格的に独裁者的な部分があると思うんで(笑)。正義のヒーローというか悪役っていうか、腹黒いって言われる方が誉め言葉だと思ってる人間なんですよ。


遠藤 あとコメディ協会でやっていきたいことなんかもあれば。

谷川 コメディ協会さんとしては、メンバーに演出家さんが多いと思ってるので、そういう人がどういう風に食べていったりとかどういう風に考えて演出をしたり、何考えて生きてるのかっていうところを共感していけたらいいなってのが一つビジョンとしてあります。僕そもそもビジネスの世界にいた人間なんで、表現っていうのがまだわかってない状態なんで。


遠藤 ワークショップとか来てもらえれば。毎回違う演出家がやってたりするんで。自分と波長の合う演出家を見つけられるかもしれないですね。

浅海 7月公演の稽古とかもぜひ見に来ていただいて。

谷川 いいんですか?


浅海 ぜひぜひ。現場を見て、実際にどういう風に演出して、どういう風に俳優が変わっていくのかっていうのを外から見てもらうってのは面白いと思うので。



遠藤 そろそろ最後になるんですけど、スパイラルに陥ってるであろう俳優さんたちにメッセージをいただきたいのと、谷川さん自身がコミュ障なところからオープンになっていったわけですけど、自分を商品価値にしていくためのきっかけってどういうにするのが一番大きいですかね?

谷川 自分を商品化するってことに関しては、まずは自分の強みと弱みですよね。僕の場合だと話が得意だとか、あとは基本的に相手を丸め込むのが得意なタイプなんですよね。


遠藤 最初はでもコミュ障って思いこんでたわけじゃないですか。変わる気付きがあったってことですよね。

谷川 変わる気付きっていつだったかな。たぶん自分が発信しかしてない、主張しかしてないってことに気付いた時ですかね。


遠藤 大学の時ってことですかね。

谷川 理系男子ってあるじゃないですか。あれに近い感じだったんですよ。そこに自分で気づいた時に、コミュ障だったってことに気付いて、でもコミュ障っていうのは自分のブランディングに使えるなとは当時も思っていたんです。一番弱い部分みたいなところをどれだけ低く見せられて、かつ自分の高いところをどれだけ高く見せられるか、っていうところを自己承認的にできるといいのかなと。


遠藤 確かにコミュ障から話し方上手っていうのは、本当に営業成績最下位からトップに挙がったってのを象徴していますよね。

谷川 別ジャンルでもいいんですけど、そういうギャップは一個いるかなと思っていて。結構俳優さん見てても、自分の商品価値がわからないままお芝居してるだけの人が多いんですよ。じゃなくて、自分がどういうことができて、どういうことができないですよ、どういう風に駆け上がってきましたか、っていうところを自分で設計しないと、たぶんその辺の商品価値ってのは難しいかなって思ってますね。


遠藤 俳優ってものさしだけじゃないものさしを、俳優だったとしても持った方がいいってことですよね。

谷川 そうですね。


浅海 そのものさしを増やすために何かした方がいいことってあるんですかね?もしくはものさしを2つか3つ持とうと思って行動する上で大切なことみたいなこととか。


谷川 行動に移すってことは難しいですけど、人に聞くのが一番いいんじゃないですかね。たぶんみんな自分がどう見えてるかって聞くことって少ないと思うんですよ。僕が自分の主張ばっかり多かったって気づいたのが、自分の周りに片っ端から質問してったんですよ。それを40~50人くらいしてたら、トータル的にそういう評価が返ってきて、あ、これダメだと思って。だから自分がどう見えてるか教えてくれる人間をいっぱい作るっていうのは大事かなって思いますね。

遠藤 ちょー大事かも。


谷川 今でも「俳優始めようと思うけどどう思う?」って聞くと、アドバイスをくれる人ってのがたくさんいるので、そういう人を作っていくのは大事だと思いますね。

遠藤 確かにちゃんと言ってくれる人は重要ですよね。


谷川 やっぱり「仕事辞めて俳優始めるわ」って言ったら、みんな「頑張れば」とか適当なことも言われたりするんですけど、親身になって、お前はこうだからこうした方がいいよって言ってくれる人って少ないけどいて。

遠藤 否定的であってもそっちの方が親身ってことですよね。

谷川 そういう人を見つけて、その人にアドバイスをもらうてことですかね。


遠藤 なるほど。じゃあそんな感じで、今日はありがとうございました。

谷川 ありがとうございました。





(おわり)


前へ 1 2 3 4