インタビュー企画   

【インタビュー】景浦大輔さん&パセリス 浅海タクヤさん

 日本コメディ協会に所属する景浦大輔さん。声優や役者として活躍する一方で、数々の公演で落語を披露しています。その真意を同じ日本コメディ協会の浅海タクヤさんをインタビュアーに迎えて、探ります。(2018年5月取材)


左:景浦大輔さん、右:パセリス 浅海タクヤさん


<目次>


【第1回】落語家にはならない?

【第2回】落語と役者のスキルの関係性

【第3回】落語とコメディ、そして今後のこと


<第2回>落語と役者のスキルの関係性

浅海 コメディ協会で(落語を)披露することはどう思ってるんですか?

景浦 恐れ多いって感じですかね。

浅海 恐れ多い。


景浦 なんか落語代表みたいな形になるじゃないですか。

浅海 なるほど。


景浦 とにかく自分の落語をみて、落語が面白くなかったって思われるのが一番辛いんです。自分が面白くなかっただけならいいんですけど。だから落語家でもない人間が、落語を人前で見せるということに関しては、責任は感じています。ホントはこそっとできればいいんですけどね(苦笑)。


浅海 でもそういう人がフィーチャーされるっていうことは僕は悪くないと思っていますけど。

景浦 最近上手だなと思っているのは、役者さんとかのバックに落語家さんがいるパターンですね。例えばその役者さんの落語がうまくいかなかったとしても、その後に本人が落語をやることで「本物の落語」を見せることができるし、役者さんにファンとかがいれば、新しいお客さんに落語の魅力を伝えるっていうことにもなりますからね。自分一人だとなかなかそういうことはできないなと。


浅海 ちなみに落語をベースにコメディ協会でやりたいことってあったりするんですか?

景浦 ないです。

浅海 ないんかい!(笑)


景浦 ないです。というよりかは役者としてコメディを勉強しようという感じの方が強くて。

浅海 なるほど。そうなんですね。


落語を披露している時の景浦さん。


浅海 落語自体が役者の為になるって思います?

景浦 浅海さんはどう思います?

浅海 うーん。


景浦 僕個人の意見ですけど、確かに勉強にならないわけではないと思うんです。落語の口調ってものがあって、それを真似することは自分の喋り方とも違うので勉強になると思うし、あとは教養としても必要だと思うし。あとは、いろんなキャラクターが出てくるので、それを演じるってことも勉強になる部分はあると思います。ただ一方で、落語って本質的にお話なんですよ、噺家さんっていうくらいですから。だから役者さんの言う「演じる」ってこととまったく同じかっていうと違う気もしていて。


景浦 例えば話の中でおじさんの口調を真似るじゃないですか。それを演技と呼ぶのか否かっていう。いや、大きな意味では「演じる」ってことだと思うんですけど、それは役者さんの「演じる」とはまた違うので、トレーニングになるのかよくわからなくて。

浅海 なるほど。


景浦 落語には落語なりのリズムってのがあって、役者さんのスタンスで落語に取り組むと、そのリズムが崩れちゃうことが多い。例えばコントを主にやってる人が新劇のチェーホフやりますって時に、コントの文脈で演じたらおかしくなるじゃないですか。そういうのに近い気がしていて。だから落語は落語で文脈があるから、それが役者さんのスキルの向上になるのかっていうと、わからないとしか言いようがないんですよね。


浅海 なるほど。やっぱり落語やってる人の観点は違いますね。

景浦 いや、落語好きなだけですから。お前に落語なにがわかるんだよと。

浅海 いやいやいや。


景浦 だからこのインタビューも、落語やる役者さんとかにしないで欲しいです。

浅海 なるほど。


景浦 落語っぽいものを、ときどきやっている、おじさん、みたいな。

浅海 (笑)。




(つづきます)


1 2 3 次へ