インタビュー企画   

【インタビュー】十川十二さんに伺う「ラジオとコメディ」

2018年10月。日本コメディ協会員の十川十二(とがわとうじ)さんを講師に迎え、「ラジオパーソナリティ向け」のワークショップを行いました。映像製作チーム「ZASH,creative」に所属しながらも、なぜラジオなのか。同じ協会員の浅海タクヤさんをインタビューに迎え、十川さんの思いを伺いました。十川さんのTwitterはこちら(2018年11月取材)


ワークショップ中の十川十二さん


<目次>


【第1回】ラジオのいいところ

【第2回】ラジオと想像力

【第3回】ラジオドラマとお芝居

【第4回】ラジオドラマでの表現方法 その1

【第5回】ラジオドラマでの表現方法 その2


<第1回>ラジオのいいところ

浅海 先日はワークショップありがとうございました。

十川 こちらこそ。


浅海 めちゃめちゃ楽しかったです。他の参加者の方の評判も良かったです。

十川 ホントですか?よかったです。


浅海 今は、ラジオドラマやったり、役者として舞台も立たれたり、ということなんですけど、主軸はどこに置こうと思ってるんですか?やっぱりラジオに置いて活動しているんですか?

十川 今はいろんなところに主軸は置きたいなと思いますね。


浅海 この前はラジオのワークショップ、ラジオというか、ラジオパーソナリティ向けですか?

十川 そうですね、まあなんていうか半分フリートークのためのっていう気持ちでやりましたけど。


浅海 同じようなメニューを他でもやってるんですか?

十川 やろうとしていたってところですね、結局。

浅海 やろうとしていた。

十川 やる機会がなかったっていうだけで。本当は前段階として、人前に出てしゃべるのが苦手な人用にやろうとは思っていました。

浅海 そうだったんですね。


ワークショップは実際にラジオを収録しながら行われた。


浅海 自分なんか本当素人だったんで、自分の(喋りの)特徴とか見てもらえたのは良かったです。

十川 浅海さんが何回「やっぱり」って言うか、あとで聞いてもらって。(ワークショップの際に録音した音源を渡す)

浅海 (笑)。

十川 これ癖ですからね。


浅海 そうですよね。絶対癖ってあると思う。

十川 オッケーな癖と駄目な癖が多分あると思うんですしゃべりの中で。「やっぱり」ってのは多分駄目なんすよ。「やっぱり」ってのは自分の確認なので、聴いてる人に対しての確認じゃないんですよ。

浅海 なるほど。これから気を付けます。


浅海 そういえばワークショップの時にすごい機材を持ってきていただいたんですけど、ラジオは音質のことを考えると機材はいいに超したことはないんですか?

十川 まあいい方がいいですよね。でも聴いてる方はそこまでこだわってはいないんですよね、実際のところ。

浅海 ほうほう。


ワークショップで使われた機材


十川 何かしながら聴いてるので。

浅海 やっぱりみんな「ながら」で聴いてる人ばっかりなんですかね。


十川 ほとんどがそうだと思います。歩き「ながら」とか、電車に乗り「ながら」とか、作業し「ながら」とかだと思うので、やっぱ耳で聴いてて手が空くっていうのが(ラジオの)いいところだと思うんです。

浅海 なるほど。でも一方でラジオドラマは、ちょっと「ながら」で聞くイメージがないんですが、ラジオドラマの魅力的な部分ってどんなところなんですか?


十川 想像の余地がある、そこに尽きるんじゃないかなと思います。

浅海 落語に近いんですかね?


十川 落語は、師匠方のお顔を見るってのもあるかもしれないですけど、(ラジオドラマは)落語以上に想像が必要かなと思っています。なので、その役者さんのお芝居の流れを明確にしなきゃいけなかったりとか、やることはかなり多いんですよ。今はそこにやりがいを感じてるって感じですかね。

浅海 なるほど。


十川 あとはどうだろう。ラジオドラマの面白さってのは、まだやってないことがいくらでも出来る、かなあと思います。

浅海 いわゆる「伸びしろ」みたいなものがあるように、十川さんには見えると。

十川 僕は、そう思います。タブーみたいなのもまだまだありますからね。


浅海 タブーですか。

十川 はい。



(つづきます)


1 2 3 4 5 次へ