インタビュー企画   

【インタビュー】十川十二さんに伺う「ラジオとコメディ」

2018年10月。日本コメディ協会員の十川十二(とがわとうじ)さんを講師に迎え、「ラジオパーソナリティ向け」のワークショップを行いました。映像製作チーム「ZASH,creative」に所属しながらも、なぜラジオなのか。同じ協会員の浅海タクヤさんをインタビューに迎え、十川さんの思いを伺いました。十川さんのTwitterはこちら(2018年11月取材)


ワークショップ中の十川十二さん


<目次>


【第1回】ラジオのいいところ

【第2回】ラジオと想像力

【第3回】ラジオドラマとお芝居

【第4回】ラジオドラマでの表現方法 その1

【第5回】ラジオドラマでの表現方法 その2


<第3回>ラジオドラマとお芝居

浅海 ここまでの話の中で、コメディ協会の「コメディ」ってワードが出てこなかったんですよ。

十川 確かに(笑)。


浅海 コメディ協会のどういうところに興味を持ってもらえたんですか?

十川 そもそも僕書く台本って今まで話したのちょっと違うかもしれないですけど、コメディしか書いたことないんです。でもコメディコメディでやるとつまんないから、途中ちょっとホラーを入れたりとかするわけですよ。だから僕の本のメインはやっぱりコメディなんです。

浅海 なるほど。


十川 その中で結局他の人に教わって作ってたものじゃないので、誰か他の人の書き方とかやり方とか、あるいはその学校で学ぶような基礎的なものも学べたらなあと思ってまして。この間の今石さんのワークショップ(2018年10月のWS)に行ったのもそれですね。リーディングはやってましたけど、結局自分で考えてやってたことでしかないので。基礎的なものもちゃんと学ばないと駄目だなあと。


浅海 そうですかー。そう考えると、そういうコンテンツが今のコメディ協会にはまだまだ少ないっすね。

十川 そう、ですねー。数を増やすってのはありじゃないかなとは思います。

浅海 その辺は少し考えないとですね。


十川 でもラジオってものすごく溢れてしまっているんですけど、それでもまだ(話題として)ピックアップしてもらえるんですよね。それはやっぱラジオジャンキーの人が多いからだと思うんですけど。でも一方でスナック感覚に聴いてもらえるっていう層って人たちがいて、そのあたりで聴く人の層が分離してるのがいいところかなと思うんですよね。


ワークショップには演劇集団ボリスプロジェクト主宰の出浦ボリスさんにもお越しいただいた。


浅海 ラジオドラマってやっぱり声優さんが強いんですかね。声メインになるんですか?

十川 そりゃもう、ラジオドラマはそうですね。舞台役者さんとかにやってもらうと「いつもやってること出来ないじゃん」ってなるみたいで。

浅海 あぁ。

十川 マイク前で身体動かすってのは難しいんですよ。結構訓練しないと出来ないので。

浅海 声での表現になるんですよね。


十川 はい。(協会員の)今石さんもワークショップの時に言ってましたけど、ラジオの中で間を使うのってすごく難しいと。

浅海 なるほど。


十川 主に「・・・」の部分ですね。舞台上だと顔とかで表現することも可能じゃないですか。ただラジオドラマだと「ううんっ(咳払い)」って言わなくちゃいけないっていう。それを上手にやらなくちゃいけないっていう。

浅海 ほうほう。


十川 舞台役者の方は「それは嘘だ」ってなる場合が多くて、「嘘をつきたくない」っていうのがあるんだと思うんですけど。逆に「嘘を楽しもうよ」ってとこでもあるんですけどね。までもラジオドラマはどっちかっていうと嘘は多いのかもしれないですね。言うはずないセリフを言うことが多いので。

浅海 そうですかー。


ワークショップの1コマ。


十川 そう考えると、やりがいが無いって役者さん思うかもしんないですね。

浅海 そうですか?


十川 どっちかっていうと、自分のセリフの中だけでやんなくちゃいけなかったりするんですよ、物によりますけど。だから掛け合いってのがものすごくやりづらかったりする、慣れてないと。

浅海 普通のセリフ部分が。


十川 はい。セリフの掛け合いがものすごく難しく感じられるそうで、受け取るのがやっぱ苦手な人が多いですね。ほんとに、駄目だなって思ったらこう、マイクとマイクを対面にして、やってもらったりしますけど。音が悪くなっちゃいますけどね。

浅海 なるほど。



(つづきます)


1 2 3 4 5 次へ