インタビュー企画   

【インタビュー】十川十二さんに伺う「ラジオとコメディ」

2018年10月。日本コメディ協会員の十川十二(とがわとうじ)さんを講師に迎え、「ラジオパーソナリティ向け」のワークショップを行いました。映像製作チーム「ZASH,creative」に所属しながらも、なぜラジオなのか。同じ協会員の浅海タクヤさんをインタビューに迎え、十川さんの思いを伺いました。十川さんのTwitterはこちら(2018年11月取材)


ワークショップ中の十川十二さん


<目次>


【第1回】ラジオのいいところ

【第2回】ラジオと想像力

【第3回】ラジオドラマとお芝居

【第4回】ラジオドラマでの表現方法 その1

【第5回】ラジオドラマでの表現方法 その2


<第4回>ラジオドラマでの表現方法 その1

浅海 コメディ協会でラジオドラマやるとしたら何ができますかね。

十川 そうですね。あえてサスペンスやったりとか。コメディ協会なのに!と。

浅海 なるほど。


十川 あるいはホント、笑かしにかかる。

浅海 (笑いは)舞台でやってきた人は多いから、そっちの方がとっかかりはいいかもしれないですね。


聞き役と話し役に分けてラジオを収録。


十川 でも(ラジオドラマだと)ドアtoドアとか、全然違うやり方じゃないですか。

浅海 あ、そうですね。


十川 だから、結構やりがいはあると思うんですよ。シチュエーションコメディもボイスドラマってなったら、全然違う文法ですから。なんなら(場所を)移動できる。移動しても、1つの部屋と感じる訳ですよ。聴いてる人は。

浅海 なるほど。


十川 でもそれはきちんと説明ができれば、ですけどね。

浅海 説明。


十川 例えば、急になまはげが入ってきたっていう説明、「うわ!なまはげだ!」って言ったり、「悪い子はいねえかあ!」って言った瞬間に、「ああ、なまはげがいるんだな」って思うかもしれないですけど、例えばホリエモンが入ってきたって言われても、え?ってなるじゃないですか。どんな格好だろうとか。

浅海 そうですね。


十川 で、急にセリフの中で、「こんな暑いのにおまえ、半袖短パンで大丈夫かよ」っとかって言うのが、嫌に感じる時もあるじゃないですか、説明台詞的で。そうなるとナレーションがあった方がよかったりするわけですけど。


参加者の話している内容を聞きながらアドバイスが加わっていく。


浅海 例えばドアの「バタン!」みたいなのも入れたりとかするんですか?

十川 しますけど、それは開けたのか閉めたのか、どっちかわかんないですよね。

浅海 確かに!


十川 とかですね。までも本当は、そういう説明が出来るだけ無いように作んなきゃいけなかったりするんですよね。

浅海 見えないメリット・デメリットみたいなのがあるわけですね。


十川 たまに(ナレーションやSEが)邪魔になったりするので。

浅海 なるほど。



(つづきます)


1 2 3 4 5 次へ