インタビュー企画   

【インタビュー】久津間英子さんに学ぶ「笑いヨガ」

2018年11月。日本コメディ協会員の久津間英子さんを講師に迎え、「笑いヨガ」のワークショップを行いました。ワークショップを体験した、同じ協会員の遠藤隆之介さんと浅海タクヤさんも対談に加わっていただき、久津間さんの笑いヨガのルーツに迫ります。また、後半では1回戦を素人で突破したという、M-1に参加したお話も伺いました。(2018年11月取材)


左:久津間英子さん、右:遠藤隆之介さん


<目次>


【第1回】笑いヨガとの出会い

【第2回】楽しいこと、面白いこと

【第3回】普段笑わない、笑えない人たちへ

【第4回】「M-1 2018」に参加した時の話

【第5回】「M-1」の話はつづく


<第4回>「M-1 2018」に参加した時の話

浅海 あ、そうだM-1の話聞きたかったんだ。

久津間 M-1ね、めっちゃ楽しかったですよ。


遠藤 コンビ名教えてもらっていいですか?

久津間 「さいたま☆119」。


浅海 改めて「119」の説明をお願いします。

久津間 わたしが61歳で、相方が58歳で足すと119だから「119これいいね」って二人とも埼玉在住だし。


遠藤 いつ挑戦しようと思ったんですか?

久津間 なんか相方が、去年の年末に来年やりたいことを10個書こうって書いたんですよ。でその中に「M-1に出る」ってのが書いてあって。で、M-1に出るには、誰がっていったら私しか浮かばなかったんですって。で、年末会ったときに「お願いがある」って言われて、「何?」って言ったら、「お願いは来年で」って言われて。来年になんないと言えないって。

浅海 いやいやいや(笑)。


久津間 で、1月に会ったときに「M-1出たいんだけど」って言われたときに私が「うんっ!」って言ったんです、食い気味に。それが1月でそこからまず2人でやったことが「写真撮る」っていう。

浅海 ???


久津間 宣材写真。すごい写真集並みに、カメラマンさん呼んで、大宮の氷川神社を前もって見て回って、「ここここ」って私たちが決めてカメラマン呼んで、で、すごい撮ってもらって。で、その後「衣装決めよう」って衣装買って、ネタが全然できてないっていう。


さいたま☆119の宣材写真。


浅海 見事に形から入ってますね(笑)。

遠藤 完全に形から入ってる。


久津間 で、「ネタどうしよう」ってなったんですけど全然できなくて、相方がちょろっと作ったネタをとりあえずやったんですけど、おばちゃん2人/素人2人がやってて「どうなの?」って感じで。で、ちょっと脚本書く男の子2人見つけて、2人にそのネタを送って直してもらったんですね。それをまた削ったり、いいとこ取りしたりして。

浅海 やりやすいようにアレンジして。


久津間 そう。それで、稽古を2人でつけながらやって、で、臨んだんですよ。誰にも見てもらわずに。

浅海 ・・・え?!普通よく「ネタをかける」とかって芸人さんが言いますけど、ネタをかけるとかもやらずに。


久津間 一回だけ笑いヨガの教室で、ゆるいだろうと思って自信づけのためにやったんですけど、そしたらそのゆるいとこで笑ってもらえなかったんです。

遠藤 えー(笑)。


久津間 でも自分たちの中では面白い面白いって思ってて本番が近くなったんですけど、私M-1の(一回戦の)前日に、お腹痛くなっちゃって。もうどうしようと思って。寝ながらうつらうつらしてたら、なんかちょっと面白いことが降りてきて。「あ、これやろう!」と思って。漫才の中に「どつき」を入れたかったんですよ。


浅海 久津間さんはツッコミだったんですか?

久津間 いや、向こうがツッコミだったんですけど、「どつく」っていうのが降りてきて、で、M-1の日の当日に相方と公園にいって、神社の駐車場で「私面白いこと考えたから」って言ってそこで何度か練習して、で、実際やったんですよ。で、実際やったときに、相方が忘れちゃって、緊張で。で、私が「(どつきを)やれ!」みたいにやってたら、やっと相方が思い出して、「パンっ」ってどついたのが、思い出したから(力が)強かったんですよ。そしたら私の揺れ方がすごくて、それで爆笑になっちゃって。

遠藤 すごい。


久津間 そこがたぶんよかったんですよね。で結構な大爆笑。で、一回戦通って。

浅海 一回戦通過するってすごいですよ。

久津間 なんか5%みたいですね、素人さんの通過率。

浅海 えー、すごいですね。



(つづきます)


1 2 3 4 5 次へ