インタビュー企画   

【インタビュー】久津間英子さんに学ぶ「笑いヨガ」

2018年11月。日本コメディ協会員の久津間英子さんを講師に迎え、「笑いヨガ」のワークショップを行いました。ワークショップを体験した、同じ協会員の遠藤隆之介さんと浅海タクヤさんも対談に加わっていただき、久津間さんの笑いヨガのルーツに迫ります。また、後半では1回戦を素人で突破したという、M-1に参加したお話も伺いました。(2018年11月取材)


左:久津間英子さん、右:遠藤隆之介さん


<目次>


【第1回】笑いヨガとの出会い

【第2回】楽しいこと、面白いこと

【第3回】普段笑わない、笑えない人たちへ

【第4回】「M-1 2018」に参加した時の話

【第5回】「M-1」の話はつづく


<第5回>「M-1」の話はつづく

【前回のあらすじ】

無事にM-1の1回戦を突破した「さいたま☆119」。直前で加えた「どつき」で爆笑を得た感触を胸に、いよいよ2回戦に臨むのですが・・・。


久津間 そしたら今度は逆に、怖くなっちゃって。

浅海 (爆笑を取った「どつき」を)やろうとしちゃってみたいなことですか。

久津間 そうなんです。


浅海 ウケちゃったから。

久津間 ウケちゃったから、スケベ心が満載になっちゃって。脚本も直したり、演出もつけてすごい稽古つけてもらって臨んだんですけど、やっぱりね、そこのねドツキがね自然にできないんですよね。


遠藤 ライブ感で生まれた強いやつがよかったってことですよね。

久津間 そう、そうなんですよね。「難しいな、お笑いって」って思って。



遠藤 さいたま119の今後の活動は?

久津間 今後どうしようかって思ってて、二人でちょっと合宿しようって。合宿という名の温泉で遊ぼうっていう(笑)。

浅海 いいんじゃないですか(笑)。


久津間 せっかくなんでやっぱり活動は続けていきたいなって思ってて、

浅海 ぜひ来年も(M-1参加を)。

久津間 もちろん来年も、なんか何年か受けられるみたい(※)なんで、ずっと出続けようってのは言ってるんですけど。


※ 2018年のM-1の参加条件は「結成15年以内」。


遠藤 「さいたま☆121」にはならないんですか?

久津間 なんないです(笑)。

浅海 モー娘。みたいに増やしていくのは面白いですね。


浅海 けど、改めてすごい経験ですね。M-1ですもんね。

遠藤 なんか役者さんとかだと畑が違うから、怖くなっちゃってまず出ないって人もいると思うし、出てもなかなかね。


久津間 もう袖で待ってる間、舞台がきらっきらっしてるんですよ。光できらっきらっしてて、呼ばれた瞬間に走っていくんですけど、走ったときに「青春!」って思いました。

浅海 なんかよく映画でありそうな、後ろからのアングルで二人がマイクに向かっていくっていう、あの感じ。「どうもー」って感じですよね。


久津間 あ、それで、私たちは「どうもー」っていくのが嫌だったんです。なので、相方が先出て行って、私が後から出てくるんだけど帰ろうとするっていう。

浅海 まずそれでツカむわけですね。


久津間 そう。で、終わりも、「ありがとうございました」は言わない。

浅海 え、言わないんですか。


久津間 相方がもう呆れて「もういいよ」って言ったら私が「ビューティー61さーいオッホッホイ!」ってずっと言ってるっていう。もう笑われて帰るっていう。

遠藤 (笑)。

浅海 なんすかそれ(笑)。ちょーくだらないっすね。

久津間 そう。ずっと叫んでるっていう(笑)。


遠藤 二回戦になると講評とかってないんですか。

久津間 いや、もうそのままって感じで。でも二回戦の方が(精神的に)きつかったですね。みんなほぼほぼプロなんですよ。控室も全部プロの人たちで。で緊張感ハンパなくて私、(漫才)終わった後に、舞台で迷子になっちゃって。「出たとこからはけてくださいね」って言われたのに、逆回っちゃって。「ビューティー61さーい」って言いながら、全然違うとこいっちゃって。袖のカーテンのとこで「帰ってこい」「こっちこっち」とか言われて、どうしようかと思って、次の人にも迷惑かかるし。



浅海 ぜひネタの動画を撮りたいですね。

久津間 動画でSNSにあげようって話はあるんですけどね。それと、いま新ネタ作ってるんですけど。漫才もそうなんですけど、笑いヨガと合体させて、そっから笑いヨガ(のメニュー)に行けても楽しいかなって。


遠藤 今度のネタは脚本家さんじゃなくて自分たちでやるって感じですか?

久津間 また、いろんな人に投げてる(笑)。ひどいですよね、そっからまたいいとこ取りして。


遠藤 協会員も脚本家・演出家さんいっぱいいますからね。

久津間 ね、だからちょっとみなさん、私を助けて欲しい。もう使ってくれればいいんですよ。漫才とかあれば。


遠藤 「ワ・ラ・カ・ル・ト」でも前説やっていただきましたし。

久津間 あれはいい訓練になりましたよすごく。毎回緊張して、で、毎回お客さんで反応が違うじゃないですか。心折れそうな時もあったりして。


遠藤 芸人さんがほぼ毎日お客さんの前にたってることを考えると、やっぱり毎日たっておく経験をしておかないといけないですよね。

久津間 そう、すごいよかった。結果よかったですけど、正直あれでダダ滑りだったらどうしようと思ってました。

遠藤 アンケートにもよかったって書いてくれましたし。


浅海 じゃあ、この辺でまたよろしくお願いします。

遠藤 ありがとうございました。

久津間 ありがとうございました!



(おわり)


1 2 3 4 5